本格的にもぐさ灸

 

 

もぐさ灸というお灸は、皮膚に直接もぐさをのせ、そこに火を点けて熱刺激を入れる方法です

 

完全に燃やしてしまう方法と、途中で火を消してしまう方法があります

 

前者を「直接灸」、後者を「間接灸」と呼んだりもします

 

途中で火を消してしまう方法は、台座灸と効能は一緒です

 

「完全に燃やしてしまうなんて熱くないの?」

と聞こえてきそうですが、ちょっとだけ熱いです

 

というのも、現在主流のもぐさ灸の大きさは、ボールペンの芯先くらいの大きさです

専門的には、「米粒大(ベイリュウダイ)」と呼ばれたりもします

 

直接燃やすので、お灸の跡にほんの少し火傷が付きます

 

ですが、この火傷が後々活きてくるのです

 

 

 

ツボの探し方については、出版されている種々の書籍を参考にしていただくか、当院が主催している、ぽかぽかお灸ランチ会にご参加いただくと理解が深まります。あるいは下記をご覧いただいて、まずは、お灸をすることに慣れてください

↓ ↓ ↓

簡単なお灸のやり方について

 

 

 

 

続きは執筆中

しばらくお待ちください

 

 

 かつまた鍼灸治療院 勝亦将司

 

 

ホームに戻る