ストレッチング

 

ストレッチングをやったことない人はおそらくいないでしょうね

 

学校での授業や部活、運動時や日頃のメンテナンスとしてやっている方が多いかと思います

 

が、あなたのストレッチって正確にできているでしょうか?

 

ストレッチング=伸ばす。ですよね

 

どの場所でもいいので、ちょっとストレッチングをしてみましょう

 

どうですか、伸びていますか?

 

伸びている、伸びてる〜〜〜と感じているあなた

 

あなたのストレッチングは、残念ながら間違っていますっ!!

 

筋肉は基本、収縮をすることで力を発揮します。使い過ぎることにより筋肉の長さは短縮します。ですので、ストレッチで元の長さに伸ばしましょうということになるのですが

 

ここで注意が必要です

 

筋肉は伸ばされ過ぎると切れてしまうので、センサーが付いています

 

このセンサーが働くと、筋肉に、「縮めっ!」という指令を出します

 

この指令はどのタイミングで出されるかというと、あなたが伸びている、伸びてる〜〜〜と思った時なんです

 

?????ですよね

 

伸ばす為にやっているはずなのに、縮めている…………

 

そう、あなたのストレッチは伸ばし過ぎなのです

 

それでは、筋肉は伸びません!!

 

ではどうすればいいのか?

 

 

 

伸びているというところから少し緩めた場所でキープ

 

それを最低30秒程度続ける

 

筋肉は表裏で働くので、腹筋のストレッチをやったのであれば、背筋側も行う

 

 

これが大切です

 

なお、運動前のウォーミングアップでケガの予防としてストレッチを行う人がほとんどかと思いますが

 

ケガの予防にストレッチは意味がほとんどありませんし、パワー系の競技ではパワーダウンを起こします

 

ウォーミングアップは身体の四肢まで血液が回ればいいので、散歩→ウォーキング→ジョギング→体操→軽い運動→実際の運動のように段階的に強度を上げていけばいいのです

 

そして、クールダウン時は、しっかり30分ほどかけて、使って縮んだ筋肉をきちんと伸ばしてお手入れすることが、ケガの予防に必要不可欠となります

 

日頃のメンテナンスとしてストレッチを取り入れているというあなた

 

なかなか30分の時間をキープするのは難しいですよね

 

ですので、今日は上半身、明日は下半身のように、分けて実践されるのがオススメです

 

なお、その際は伸ばし過ぎに注意ですよっ!

 

そこまで気をつけるのは面倒臭いというあなた

 

そんなあなたは静的なストレッチングをするよりは、ラジオ体操のように動かしながら筋肉を伸ばしていく動的タイプのストレッチングがいいのではないでしょう(2015.8.15)

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました

 

 

かつまた鍼灸治療院 勝亦将司