【 電車通勤健康法⑥ 】


こんにちは。かつまた鍼灸治療院の勝亦将司です

今回も座ってできるエクササイズです。むくみが気になるあなたは取り入れた方がいいかもしれません

もちろん立っててもできますよ~

今回お教えするのは、「つま先上げてポンプを活性化」です

運よく座れたあなた。前回のエクササイズで背もたれに寄りかからず姿勢正しく座っています

ただし、今までが今までなので、ずーっとその姿勢を続けるのはかなり疲れますよね

ですので、最初は一駅毎で構わないのですが、その休んでいる間に今日のエクササイズをやってみませんか?

立ち仕事の方も、座ってPC仕事の方も夕方位になると下肢がむくんできますよね

これは自然現象なので仕方がありません。このむくみを取るにはどうすればいいのでしょうか?

それは筋肉を動かして、むくみの成分を細胞に再吸収させることが必要になります

筋肉ポンプを動かすには膝下に存在する筋肉達が動けばいいわけで

皆さん、疲れた際に背伸びをすることありますよね

立っている際は、かかとまで上げて背伸びをしたりしませんか?

かかとを上げると脛の筋肉が伸ばされるのでいいと思います

が、それだけでは足りないのです

後側についているふくらはぎの筋肉がないがしろにされています

どうせなら、ふくらはぎの筋肉も伸ばしてあげてください

ふくらはぎの筋肉を伸ばすということは、つま先を上げるということになります

表と裏の筋肉を共に動かしてあげないと、いいポンプ作用は生まれません

座っているあなたに戻ります

座っている際に、つま先とかかとを交互に上げてみましょう

結構気持ちがいいはずですよ

急いで上げる必要はありません。人に知られずひっそりと

ゆっくりの方が実は効果が高いんです

最大まで上げなくても構いません。大きな動作が恥ずかしいというならば、少しの範囲から始めてください

これを続ければ、家に帰ってからわざわざリンパマッサージをしたり、むくみ防止ストッキングを履いたりする必要が少なくなります

あまりにも簡単で馬鹿らしく感じるかもしれませんが、下半身が活性化すると確実にあなたの身体は元気になります

ぜひトライしてみてください

かつまた鍼灸治療院 勝亦将司

 

 

ホームに戻る