【 電車通勤健康法⑧ 】


こんにちは。かつまた鍼灸治療院の勝亦将司です

今回は腕のエクササイズをしてみませんか

「つり革を使って腕エクサ~」

どうやるのか?

あなたは電車に乗りました。でも座るところがなく、立って乗車しています

前回お伝えした、つま先立ちでふくらはぎでも鍛えようとつり革につかまってつま先立ちになります

ずーっとやると、ふくらはぎが疲れ過ぎてしまいますので、次の駅で踵を下します

次の区間はお休みとなるのですが、ただ休んでいたのではもったいない!

あなたがつかまっているつり革を、少し下に引っ張ってみてください

つり革はあなたの引っ張る力くらいでは切れませんので安心して引っ張ってみてください

どうなりました?

腕周りの筋肉、特に二の腕辺りの筋肉に力が入っている感じがしませんか?

そう、女性が特に気にする、二の腕の筋肉を鍛えることができちゃうのです!!

厳密にいうと、二の腕だけではなく、腕周り全体が鍛えられますので、肩周辺がすっきりするはずです

つり革の持ち方(手の甲が自分に向く・窓側に向く・横に向く)や引っ張る方向(下に引っ張る・窓側に押す・手前に引く)で、肩周りに存在する色々な筋肉が刺激されますので、ちょっと様々な角度で試してみてください

この時の注意点は2つ

1 息を止めない!
2 どこが刺激されているかを意識する!

区間毎に腕→脚→腕→脚とやってもいいですし、両方同時にやってもいいでしょう

自分のペースでトライしてみてください

頑張った先を想像しながら行うのがコツですよ

 

かつまた鍼灸治療院 勝亦将司

 

 

ホームに戻る