夜眠る前にチェックしよう!

自分の身体って見ているようで見てないですよね

っていうことで、見るクセをあなたには付けてほしいんです

日々あなたの身体は変化しているんですよ

では早速やりましょう

布団の上に仰向けで(天井を向いて)寝てください

そうしたら頭を持ち上げて、あなたの足の向きを確認します

わかりやすく言い換えると、拇趾がどの方向を向いているか確認してください

どうですか?

ベストは両方の拇趾が外の方向に45度くらいの角度で向いている状態

拇趾が真っ直ぐ上向きでもダメ

拇趾が外に開き過ぎているのもダメ

拇趾が内側に向いているのもダメですよ

もっとマズイのが、どちらかの拇趾が外に向き、反対の拇趾は内を向いている状態です

ダメといっても改善すれば大丈夫ですからねっ!!

この状態が何を表しているかというと

あなたの骨盤の開き具合を表しています(下腿の捻じれはここでは割愛)

基本の開き方をしている人は少ないですよ~~~

もしあなたが綺麗な状態であれば、拍手、拍手っ

骨盤の開き方に左右差が存在すると、要は土台がずれているので、上物(上半身)にも影響が出やすいということです

首凝り・肩凝り、頭痛、めまい、歯痛、五十肩……

これらの原因が患部にあるとは限らないんですよ

もし、骨盤の開き方に問題がある場合は当院にお越しください

治療と同時に、ご自宅でできる調整法をお教えしますよ~


最後までお読みいただき、ありがとうございました